coLLabo くるくる

2019.04.21 4/6(土)『L・セクマイ女性×ヨガ~心と体と向き合う~』終了レポート

4月6日(土)は『L・セクマイ女性×ヨガ~心と体と向き合う~』を開催し、参加者7名とスタッフ3名、講師1名の計11名が青空と満開の桜の下に集いました。


まずはトランスジェンダーのヨガ講師、古町奏さんの紹介から…

幼少より体が弱かったことで心が動揺しやすく、「心と体の不一致に悩んできた」という奏さんがヨガに出会い、ありのままの自分を肯定し、穏やかな人生を取り戻した過程を紹介しました。


続いて、奏さんのヨガって何??のお話…

ヨガはダイエットや健康維持為のフィットネス、またはストレッチなどと同様に扱われることが多いのですが、実は瞑想や座禅が起源で、体を伸ばすことでなく、伸びていることを感じること重要だとかで…深イイ~( ..)φ更に、脳科学的な視点からの効能や、マインドフルネスの仕組みなど、話は多岐にわたりました。


そして、ヨガプログラム…

まずは瞑想から…ひっきりなしに浮かんでくる思考を手放す。…また思考が浮かんでは…消える。ちょうど、この日の青空の雲のように…舞い散る桜がまた来年も咲くように…。

『体の伸びを感じてください…心地のよいところで止めます…』と奏さんがゆっくり語りかけます。正しい型や他人との違いにとらわれず、自分の体の声に耳を傾けました。


最後は茶話会で、今日の感想を語りあいました。

和気あいあいとした雰囲気で質問が飛び交い、全員で語るスタイルとなりました。


時代が変わったといわれていますが、セクシュアルマイノリティ女性が社会の中で自分を上手く表現できず、抱えるストレスはなくなっていません。むしろ、時代の変化により広げられた選択肢(カミングアウトするしない、子供を持つ持たない…etc)が私たちの新たな悩みの種であったりします。

今回は、ヨガを通して『あるべき自分ではなく、ありのままの自分』に気が付いてもらいたいという想いと、奏さんがヨガに出会い、ありのままの自分を肯定することにより得たものは、セクシュアルマイノリティ女性にも通じると考え、協賛いただきヨガプログラムを開催しました。

ありのままの自分を受け入れ、しなやかに生きるあなたをcoLLaboはこれからも応援していきます。

今回ご参加いただいた方には、お会いできたこと、同じ時間を共有できたことを何より嬉しく思っています。ありがとうございました。またのご参加をお待ちしております。

時間が合わず参加ができなった方は、次回プログラムでお会いできることを心よりお待ちしております。


coLLaboスタッフ 山崎